動画の将来性について

2

6月
旅館のカラオケで演歌

動画の将来性については、2005年ごろから投稿サイトの出現によってサイトのあり方が変わりました。

それまでは静止画がコンテンツの主流でしたが動画が投稿できるようになってそのリアル感が伝わるようになり、宣伝効果も期待できその有効性が高まりました。

ロックグループや演歌歌手はその場にいながらサイトにおいて歌や演奏を売り込んだり、コンサートの予告も打てるのでお金を使わなくても実力さえあれば十分に売り出せるようになって来ました。

サイトで詳細な情報も集まるようになり、アーチストなどより身近な存在として動向を把握できるようになりました。
動画の楽しみ方
動画には、様々な楽しみ方があります。

そのうちの一つに、歌手が出ているプロモーションビデオやテレビ番組を見る楽しみ方があります。そして、その中でも演歌を歌う人の動画は興味深いものです。なぜなら、日本が誇るこの歌のジャンルでは、衣装のデザインの美しさや派手さ、地味さ、証明の具合、舞台の演出の方法、歌う人の表情や身体の動きのすべてがその歌の意味を深いものにし、聴くもの見るものに感動を与えてくれるからです。

 

演歌歌手の話題性

2

6月
カラオケで演歌(後姿)

歌手の話題性は、曲の売り上げに大きく関わる要素です。話題性を利用した商業戦略として、新曲の発売が近づくと宣伝のためにテレビ番組に出演したり、人の注目を集めるようなことをしてみせるという営業活動があります。

話題性を得る手段として、異なるジャンルの楽曲とのコラボレーションがあり、最近ではある大御所演歌歌手がインターネットのサイトにボーカロイドという音楽ソフトの楽曲をカバーした動画を投稿して話題を集めた例があります。
動画の概要
動画とは静止画と対極の言葉であり、動く画像のことです。トーマス・エジソンによるキネストスコープの特許取得によりメディアとして扱えるようになったのは1890年代のことです。

 

最近ではyoutubeやニコ動といった動画共有サービスを利用して無料で見れる時代になりました、演歌歌手の歌なんかもこういったサービスを利用すれば無料で見れるし聴けますよ。また、個人でも携帯電話やデジタルカメラを使って簡単に制作できる時代です。思い出の記録に、簡単に利用できるのがいいところです。

 

歌手の概要

2

6月
カラオケで演歌

歌手とは、対価を受け取ることを条件としながら、客の前に立って歌う職業のことです。一人で歌うこともあれば、二人以上で歌う場合も見受けられます。

さまざまなジャンルの音楽がありますが、とりわけ演歌の人気は根強く、幅広い年代から支持されています。お気に入りの歌手のCDを購入したり、舞台を観に行ったりすることはよくあります。また、最近はパソコンの普及に伴い、過去や現在の映像を動画で見て楽しむこともできます。

演歌という楽曲ジャンルの現状
歌を歌うことを生業としているのが歌手であり、使用する楽曲に関しては、自分で作詞作曲したもの、他者から提供されたもの等が挙げられます。

楽曲ジャンルに演歌がありますが、好んで聴いている年齢層は比較的高めであり、若者からの支持は低い傾向にあります。

近年では動画サイトに様々なジャンルの楽曲がアップロードされており、無料でも色々と見聞きすることが出来る様になっているので、以前よりは親しみやすく敷居も低くなっています。